広島大学家畜育種遺伝学研究室の出張フォトブログです。


by ikusyu-hiyoko

卵割りの学生

実験の中に、鳥の卵を割って、どこまでひよこが発生していたか?ということを確認する作業があります。
今回お見せする写真は、ヒメウズラの卵を割っているところのものです。

a0261128_2053506.png

ピンセットで卵に穴をあけます。左手に持っている小さいのが、ヒメウズラの卵です。

a0261128_2056366.png

穴が開いたら、その穴からピンセットの先を卵の内側に入れ、中を傷つけないようにしながら穴を広げていきます。

a0261128_20575576.png

!逃げているヒメウズラがいますね。生まれたヒメウズラをまとめて入れておくカゴから脱走したようです。

a0261128_20593889.png

どんどん広げます。まだ脱走には気づいていないようです。

a0261128_2122051.png

広げた穴が大きくなって、卵の中身が見えるようになりました。
見えにくければ、卵の中身を時計皿やシャーレに入れて観察します。

a0261128_2142179.png

脱走犯、観察の隙をついてダッシュ!!

a0261128_2152038.png

つかまってしまいました。
ひよこを扱う人は、実験中も油断できないので、動体視力はしっかり身に付きます(笑)
ひよこにも逃げられるようになったら、睡眠不足の末期症状ですので、実験が終わったら速やかに自宅療養に励みます。
[PR]
by ikusyu-hiyoko | 2013-01-07 21:14 | ヒメウズラ