広島大学家畜育種遺伝学研究室の出張フォトブログです。


by ikusyu-hiyoko

カテゴリ:鶏舎( 4 )

鶏舎仕事の準備

a0261128_19374950.png

休日だと思って気が抜けたのか、寝坊しました・・・。
(例:気が抜けて寝っ転がっているニワトリの図↑)

時間がなかったので、さっさと身支度して鶏舎へ!
土曜日だし、鶏しか見ないんだからすっぴんでいいや←!
と思っていたら、先生2名、学生1名に見つかってしまいました・・・。
見苦しいものをお見せしてすみません。

通常の餌やり・水やり等ならまだいいのですが、堆肥出し(フンを乾燥させる装置からフンを出す作業)を行うときには、アンモニアが発生する場合が多々あります。
お肌のために、日焼け止めやBBクリーム、ファンデーションなどでのガードをお勧めします。

a0261128_1948652.png

人に言ってる場合か!というツッコミは受け付けません・・・。
以後気を付けます(汗)
[PR]
by ikusyu-hiyoko | 2012-12-22 19:52 | 鶏舎

秋も終わりですね・・・

a0261128_2120116.png

西条の春夏秋冬は、夏と冬の両極端が幅を利かせていると評判ですが(笑)
だからこそ春や秋の自然が美しく見えもします。

実は鶏舎から鏡山の紅葉や、午後5時くらいの夕日、通り雨の虹が一度に見えた奇跡のショットをHPにUPしよう!と考えていたのですが、その瞬間にカメラもスマホも持っていなかったという悲劇が先週の土曜日にありました(笑)
持っていたのは20kgの成鶏用の餌でした・・・。

代わりに去年の写真ではありますが、鶏舎の中で一番秋らしい(主観)景色をUPします。
鶏舎に通って1年が過ぎましたが、秋が一番綺麗だと思っていたりします。
[PR]
by ikusyu-hiyoko | 2012-11-26 21:33 | 鶏舎

実習の秋です。

a0261128_1335305.png

鶏小屋もすっかり秋らしくなりました。
家畜育種遺伝学研究室が担当する学生実習も折り返し地点を過ぎ、TAの頭に卒論や修論、単位数がちらつき始める季節です。
昨日の学生実習では実験の裏側?である実験動物の世話をしてもらいました。
今回の実験実習でまな板に乗ったのはウズラなので、ウズラの大人をケージで飼育している部屋の餌やり、水やり、除糞作業が主です。
全員一度に作業できるほどのスペースがないので、全体の半分の学生は、芝生の上で鶏を見て、白色レグホンとウズラチャボの形態・習性の違いなどについて説明を受けたり、新鶏舎で日本鶏の見学をしたりしました。

a0261128_13474846.png

次の実習ではいよいよウズラの孵化作業なので、写真のような(実際に実習で扱うウズラの羽装ではありません)ヒナと御対面です。いいレポートが書ける結果が出るといいのですが・・・こればかりは当日になるまで分かりません。
[PR]
by ikusyu-hiyoko | 2012-10-13 13:56 | 鶏舎

夏の思い出 in鶏舎

夕方には涼しい風が吹くようになってきました。
こうなってくると今度は冬の寒さの厳しさが頭の隅にちらつくようになってくる西条ですが・・・

皆様、夏休みは満喫されたでしょうか?
(ちなみにスタンダードな大学生の夏休みは8・9月丸々です。)
今回は、「夏の思い出」と題して鶏舎・研究室での夏写真を載せたいと思います。

a0261128_18234799.png

先日UPした高大連携公開講座の時の1カットです。
長靴+白衣は鶏舎でのユニフォームだったりします。
採血時に返り血を飛ばして「白衣」と呼べなくなったものも多々あります(笑)

a0261128_1828422.png

散歩中。日本鶏も極端な暑さには弱いので、日蔭が好きなようです。

a0261128_18304649.png

夏でも、防疫のために石灰は欠かせません。
鶏舎の出入り口、主要なゲートに石灰をこれでもか!と撒きます。
そのため、道が白くなって青っぽい写真が撮れました。

a0261128_18334348.png

鶏舎ではありませんが、停電時に研究室の冷凍庫で使用したドライアイスの残りです。
ドライアイスと言えば、実験が済んだ後の個体(生物)を安楽死させるために使うこともあります。が。
今回はその必要がなかったために、実験後の学生のクーラー?として使いました(笑)
[PR]
by ikusyu-hiyoko | 2012-09-17 18:39 | 鶏舎