広島大学家畜育種遺伝学研究室の出張フォトブログです。


by ikusyu-hiyoko

<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

台風一過。

a0261128_18591156.png

「BBQはどこだッ??!」

台風一過といっても、広島はうまい具合に直撃しませんでしたが・・・。
まだまだ台風圏内にいらっしゃる方は十分ご注意ください。

さて、セミナーの告知は昨日UPした通りですが、今回もBBQを行います!!
*食べ放題・飲み放題*
鶏肉(広大産,高知産ブランドはちきん等)
野菜
ソフトドリンク
ビール
その他アルコール類

鶏肉は、実験用に飼育したものですので天然記念物や珍しい鶏がたくさん食べられます!

日時:10月3日 18:00~(セミナーによって遅れる場合があります)
場所:広島大学内生物生産学部棟と駐車場の間の芝生
参加費:2000円(当日徴収)

興味がある方はぜひお越しください、お待ちしております。
[PR]
by ikusyu-hiyoko | 2012-09-30 19:13 | ひよこ

イベントのお知らせ。

a0261128_17194658.png

台風が接近中ですが、いかがおすごしですか?
ちなみに鳥小屋では思いつく限りの窓を閉めました。

10月3日(水)には、JAB主催の特別セミナーがあります。
『遺体科学の挑戦』 東京大学総合研究博物館 教授,作家 遠藤秀紀
15:30~17:30 生物生産C301

お時間のある方は是非いらしてください。
[PR]
by ikusyu-hiyoko | 2012-09-29 17:38 | ひよこ

姿勢。

夜に半袖のまま原付を走らせると寒くなってきました。
とはいえまだ日中は汗をかきながらの作業です。
まだまだ蚊は猛威を振るっているので昨晩の育種研究室BBQはなかなかワイルドでしたよ。

a0261128_1631766.png

ひよこの姿勢・・・神経異常のひよこなどはふんぞり返ったり、でんぐり返ったりするものもいますが今回は一般的なものを撮影してきました。
1枚目は普通の立ち姿。

a0261128_16355613.png

今度は前かがみ。

a0261128_16364366.png

にょーん。

a0261128_16372460.png

もすっ。

なかなかコミカルです。
[PR]
by ikusyu-hiyoko | 2012-09-23 16:41 | ひよこ

ドライアイス

昨日UPしたドライアイスの時に実は孵化作業があったので、今回はドライアイスとひよこをからめた写真を紹介いたします。

a0261128_13201265.png

見つめる先にはドライアイス。あまり近寄ってはいけませんよー
近づきすぎて張り付いたら大惨事です。

a0261128_1322319.png

危なっかしかったので、上に持ち上げてみました。

a0261128_13245079.png

遊んでいるうちに、ドライアイスとともに入れていた水が凍ってしまったようで、蒸発しなくなってしまいました。

※いつも遊んでいるわけではありません・・・。
[PR]
by ikusyu-hiyoko | 2012-09-18 13:28 | ニワトリ

帰省願望。

a0261128_1933899.png

帰りたいのだろうか・・・?

ひよこの王国と掲げてはいたものの、ブログのベースがぶたさんだったのでひよこに変更しました。混乱させてしまったらすいません。引き続き「JAB別館~ひよこの王国~」をよろしくお願いいたします。
[PR]
by ikusyu-hiyoko | 2012-09-17 19:08 | ひよこ

夏の思い出 in鶏舎

夕方には涼しい風が吹くようになってきました。
こうなってくると今度は冬の寒さの厳しさが頭の隅にちらつくようになってくる西条ですが・・・

皆様、夏休みは満喫されたでしょうか?
(ちなみにスタンダードな大学生の夏休みは8・9月丸々です。)
今回は、「夏の思い出」と題して鶏舎・研究室での夏写真を載せたいと思います。

a0261128_18234799.png

先日UPした高大連携公開講座の時の1カットです。
長靴+白衣は鶏舎でのユニフォームだったりします。
採血時に返り血を飛ばして「白衣」と呼べなくなったものも多々あります(笑)

a0261128_1828422.png

散歩中。日本鶏も極端な暑さには弱いので、日蔭が好きなようです。

a0261128_18304649.png

夏でも、防疫のために石灰は欠かせません。
鶏舎の出入り口、主要なゲートに石灰をこれでもか!と撒きます。
そのため、道が白くなって青っぽい写真が撮れました。

a0261128_18334348.png

鶏舎ではありませんが、停電時に研究室の冷凍庫で使用したドライアイスの残りです。
ドライアイスと言えば、実験が済んだ後の個体(生物)を安楽死させるために使うこともあります。が。
今回はその必要がなかったために、実験後の学生のクーラー?として使いました(笑)
[PR]
by ikusyu-hiyoko | 2012-09-17 18:39 | 鶏舎

予防注射

a0261128_18243637.png

こちらは生まれたてのひよこです。

生まれて記録を取ったらすぐに、予防注射(ワクチン)を打ちます。

a0261128_1826138.png

今日のワクチンはこちら。
イチゴシロップのような色です。注射器に分量をとって・・・

a0261128_18274416.png

プスッと。
頭の後ろ側の皮が余っているので、そこに打ち込むのです。
生まれてきたすべての鶏のヒナにおこないます。
生まれた週によって打つワクチンは違いますが・・・

最初の1回以外は経口摂取で済むので、ひよこにとっては安心です。
[PR]
by ikusyu-hiyoko | 2012-09-16 18:31 | ひよこ

高大連携公開講座2

a0261128_17565668.png

ずいぶん間が空いてしまいましたが、高大連携公開講座の野外演習の写真をUPしました。

真夏の暑いさなかですから水分補給をしっかりしつつ、影の中で作業を行います。
肝心なお題は「ニワトリの精液の採取・人工授精」です。
研究室の学生は略して「人授」と呼び、週に1度程度行っています。

a0261128_1832677.png

まずは生きの良いオスを選びます。トサカの赤々としたものは元気。

a0261128_185505.png

ニワトリが決まったら、おしりの羽を切ります。
精液を採取するときにふわふわした羽毛があると、邪魔なので・・・
ちょっとおまぬけな姿になってもらいます。
一人が保定して、もう一人がはさみを扱うとスムーズです。

a0261128_189245.png
a0261128_1892154.png

一人でニワトリを扱うときには、羽交い絞めするとおとなしくなります。
上の写真は高校生が羽交い絞めにチャレンジしている様子です。
「加減が難しい!!」と言いながら、ニワトリと格闘しました。

a0261128_18123164.png

羽交い絞めに成功したニワトリ。

a0261128_18135563.png

都築先生のお手本を真剣に見ている高校生。

a0261128_18144253.png

羽交い絞めされたニワトリなら逃げないので安心?です。
興味津々にニワトリと触れ合います。

a0261128_18165589.png

こっちは逃げちゃったニワトリ(笑)
学生二人がかりで捕獲しました。
[PR]
by ikusyu-hiyoko | 2012-09-16 18:19 | ニワトリ

高大連携公開講座

a0261128_1361414.png

高校生を対象とした、公開講義を行いました。
前半が都築教授による遺伝学の講義、後半が鶏舎での実習という内容でした。

下の写真は「どちらの鶏肉がおいしそうに見える?」というものです。
一般のスーパーで販売しているもの(ブロイラー)と、研究用の日本鶏(大軍鶏)を比較して、
手を挙げてもらいました。
a0261128_1315175.png

結果は、ブロイラーの方が美味しそうに見える、とのことです。
2年前までは大軍鶏の方が人気でしたが、時代とともに変わってきたようです。
実際に試食はしていないので何とも言えませんが・・・。
[PR]
by ikusyu-hiyoko | 2012-09-04 13:19 | ニワトリ