広島大学家畜育種遺伝学研究室の出張フォトブログです。


by ikusyu-hiyoko

卵割りの学生

実験の中に、鳥の卵を割って、どこまでひよこが発生していたか?ということを確認する作業があります。
今回お見せする写真は、ヒメウズラの卵を割っているところのものです。

a0261128_2053506.png

ピンセットで卵に穴をあけます。左手に持っている小さいのが、ヒメウズラの卵です。

a0261128_2056366.png

穴が開いたら、その穴からピンセットの先を卵の内側に入れ、中を傷つけないようにしながら穴を広げていきます。

a0261128_20575576.png

!逃げているヒメウズラがいますね。生まれたヒメウズラをまとめて入れておくカゴから脱走したようです。

a0261128_20593889.png

どんどん広げます。まだ脱走には気づいていないようです。

a0261128_2122051.png

広げた穴が大きくなって、卵の中身が見えるようになりました。
見えにくければ、卵の中身を時計皿やシャーレに入れて観察します。

a0261128_2142179.png

脱走犯、観察の隙をついてダッシュ!!

a0261128_2152038.png

つかまってしまいました。
ひよこを扱う人は、実験中も油断できないので、動体視力はしっかり身に付きます(笑)
ひよこにも逃げられるようになったら、睡眠不足の末期症状ですので、実験が終わったら速やかに自宅療養に励みます。
[PR]
# by ikusyu-hiyoko | 2013-01-07 21:14 | ヒメウズラ

キリッ!

a0261128_20365078.png

「キリッ!」

明日から講義が始まるので、1限目がある学生は8時45分には教室の椅子に座っておかなければなりません。
ただし、大学生活4年目になる学生曰く、実家暮らしから帰ってきた体で1限目はきついそうで・・・
どちらかというと、下のような顔で授業を受ける学生が多いようです。

a0261128_20442994.png

[PR]
# by ikusyu-hiyoko | 2013-01-07 20:45 | 日本鶏
a0261128_22555269.png

写真はおしりに卵の殻をくっつけたヒメウズラです。
私物のマクロレンズで最大まで絞りを解放したので、殻はボケてしまっていますが・・・
文字通りの殻つきのひよっこです(笑)
[PR]
# by ikusyu-hiyoko | 2013-01-03 23:11 | ひよこ
a0261128_22321350.png

昨年もお世話になりました、今年もよろしくお願いいたします。

・・・とはいえ、このブログが来年度も存続するかわからないのですが(汗)
早いところ引き継ぎをしなけらばなりません。
[PR]
# by ikusyu-hiyoko | 2013-01-03 22:37 | イベント

もう4回寝るとお正月♪

a0261128_19414333.png

注:二度寝はカウントしておりません。
ひよこは心地よい空間だと足を投げ出して(死んだように)眠ります。
しかし、カメラを持って忍び寄ると邪念を感じ取るのか、飛び起きて走り去ってしまいます・・・。

a0261128_19455381.png

ヒメウズラのひよこです。
将来は真っ白、または黒いぶちのある模様をした大人になります。
翼の先から羽が生え変わり、終盤に目の周りが黄色く残って、5~6週目で大人の姿になります。

育った少年?がこちら↓
a0261128_19493855.png

真っ白なので、性別がわかりにくいのですが、
育て親は「メスだ!」と主張している4週目のヒメウズラです。
初生雛雌雄鑑別師などの免許を持った人がいないので、
1,卵を産むのを待つ
2,羽の模様から判断する
3,羽毛を採取して、DNAから判断する
4,解剖する
などの雌雄判別法があります。
4はひよこが死んでしまいますので除外、2は真っ白な羽をもつものだと判断が不可能なので除外、3はコスト面から除外・・・気長に卵を産む日を待つほかなさそうです。
[PR]
# by ikusyu-hiyoko | 2012-12-28 20:04 | ひよこ